キャッシングを申し込む際に借入審査に通る必要があります

誰でもキャッシングできる?

誰でもキャッシングできる?

◆ 収入が低くてもキャッシング可能?

キャッシングは「お金を借りること」です。業者だって誰にでも簡単にお金は貸しません。なので、キャッシング申し込み時には借入審査を行って、審査に通らなければキャッシングできないのです。となると収入が無い、もしくは少ない人はキャッシングできないということでしょうか?では少し見てみましょう。

◆ 無職の場合は?

無職つまり定職についていない。収入が無い。ということですよね。そんな人にお金を貸してくれる業者はありません。なんらかの方法で収入があれば別です。オークションをしているとかアフィリエイトをしているといった場合です。この場合は個人事業主としてキャッシング申し込みができます。

ケースごとに解説

◆ 主婦やアルバイトの場合は?

上記の例からもわかるかもしれませんが、ポイントは収入があるか無いかです。ですからパートやアルバイトでも安定した収入があると見なされればキャッシング可能なのです。そこに勤続年数が長いというのが入れば信頼性がアップするので即日キャッシングできる可能性も高くなります。主婦でもパートしていれば、安定した収入があるということで問題ありません。専業主婦の場合は配偶者の同意書や収入証明が必要になります。ところがそれらが不要な銀行カードローンもあります。ただし借入審査はありますし、借入限度額も多くて50万円までです。

◆ 未成年の場合は?

未成年の場合はたとえ安定した収入があってもキャッシングはできません。法律も関係していることなので難しいですね。ただし、未成年でも結婚した人は成年と見なされキャッシングが可能になります。もちろん配偶者が20歳以上であれば問題なくキャッシングできます。

◆ 女性専用キャッシング

最近は女性のキャッシング利用者も増えています。昨今の不景気で家計をやりくりする主婦の利用者が増えています。それで、最近は女性専用のキャッシング業者が出てきました。全て女性スタッフが対応してくれるので、キャッシングが怖い。初めてのキャッシングという方も利用しやすいかもしれませんね。大手でいくと「プロミス」「ノーローン」「レイク」などです。プロミスは30日間無利息サービスも提供しているので便利ですね。

いずれにしても、キャッシングは「借金」です。簡単にATMなどからお金が出てくるので、自分のお金を使っている感覚に陥ってしまいがちですが、借りたお金は返さなければいけません。しっかり計画して利用していきましょう。